Apollo x6 Thunderbolt 3 オーディオインターフェイス
Apollo x6は音楽プロデューサー、プロジェクトスタジオやポストプロダクションスタジオに現在考えうる最高のA/D D/A変換、HEXAコアによるUADプロセッシング、そして5.1サラウンドモニタリングを活用した録音、オバーダビング、ミキシングを提供可能にするThunderbolt 3接続のオーディオインターフェイスで、もちろんMac/Windowsの両環境でお使いいただけます。※こちらは付属するRealtime Analog Classics Plus バンドル以外にApollo X6に自由に選択できる10種類の有償プラグインライセンスが付属します。
60年に渡るUniversal Audio社が誇るクラフトマンシップにより開発されたこの16イン/22アウトのインターフェイスは、2基のUnison機能搭載マイクプリアンプによるNeve、API、Manley、Helios、SSLなどの素晴らしいプリアンプエミュレーション、さらにはHEXAコアDSP(今までのDSPパワーを50%アップ)によるリアルタイムなUADプラグインで他のモデルとは明らかに一線を画します。

エリートクラスのオーディオコンバーターを搭載したことに加え、Apollo x6は業務用の +24 dBu機器にも対応するレベルを選択でき、統合されたモニターコントローラーやビルトインされたトークバックマイクも搭載しています。 エリートクラスのA/D D/Aオーディオコンバーターは、現在考えられるあらゆる価格帯の製品の中でも、ほぼ最高のダイナミックレンジとS/N比を提供します。

6基のUAD DSPチップによるパワフルなHEXAコアプロセッシングは、数々の受賞実績のあるUADパワードプラグインをリアルタイムで録音でもミックスでも、今まで以上に多く使用できます。
Unison機能によるNeve、API、Manley、Fenderなどのプリアンプエミュレーションでの、ほぼレーテンシーなしで使えるレコーディング。ヘッドルーム設定を+24 dBu/+20 dBuで切り替えることにより、容易に業務レベルのスタジオ機器と接続。5.1チャンネルまでのサラウンドフォーマットは、スピーカーキャリブレーションとフォールドダウン機能により完璧な作業を実現。内蔵のトークバックとキューによる、ミュージシャンとの容易なコミュニケーションと確実なテイク収録。
エリートクラスのA/D D/A コンバージョン
チャートを賑わす何1000もの曲や数100ものグラミー賞受賞のアルバムで、Apolloインターフェイスは数多く使われ素晴らしい作品づくりに貢献しています。先代のApolloインターフェイスでも高い評価を得たオーディオコンバージョンをさらに進化さるため、UAのエンジニアたちは多くの最新のA/D D/A コンバーターを慎重に吟味した結果、究極ともいえるエリートクラスの24ビット/192 kHzコンバーターを採用し、新たに設計したアナログ回路と組み合わせることで驚くほど純度の高いシグナルパスを実現しました。
リアルタイムUAD HEXAコアプロセッシング
今回Apollo x6では、新たにHEXAコアによるプロセッシングを採用しました。Neve、Manley、APIといったチャンネルストリップを使ったリアルタイムレコーディングや、多くのUADプラグインをDAW上に立ち上げてミックスをしたとしても、6基のDSPチップなので先代のApolloより50%以上の処理能力を獲得しています。
Unisonテクノロジー:Neve、API、Manleyプリアンプの真のサウンドを再現
ミュージシャン、エンジニア、プロデューサー、そしてサウンドデザイナーにとって完璧ともいえる、2基のUnisonマイクプリアンプがApollo x6には搭載されています。Neve、API、Manley、SSLそしてUniversal Audio** が誇るマイクプリアンプの完璧なエミュレーションによるレコーディングが可能です。Universal Audio社独自のUnisonテクノロジーによって、チューブ、またはソリッドステートマイクプリアンプの特性、つまり実機のハードウェアが持つ入力インピーダンス、ゲインステージに於ける“スウィートスポット”、そしてパーツレベルでの回路のふるまいを再現して、そのトーンをそのまま使うことができるのです。
クラシックなアナログプロセッシングのセットをオンボードに
もちろんApolloの特長といえばUADプロセッシングで、UADプラグインの豊富なライブラリーをほぼレーテンシーなしで扱えることでしょう。Apollo x6にはRealtime Analog Classics Plusプラグインバンドルが付属しているので、Teletronix LA-2A、1176LN、FairchildコンプレッサーやUnison機能によるUA 610-B Tube Preamp & EQ、そしてMarshallとAmpegによるギター/ベースアンプといった素晴らしいギアを使ったレコーディングとミキシングを可能にします。
UADプラグインの世界へアクセス
付属のRealtime Analog Classics Plusプラグインのその先には、Apollo x6はUADプラグインのフルライブラリーが待っています。それらは誰もが知っているブランドのビンテージEQ、コンプレッサー、リバーブ、テープマシン、チャンネルストリップなどなど。これらがApollo x6上で、ほぼゼロレーテンシーで扱え、使用しているオーディオソフトウェアのバッファーサイズや使っているコンピューターのCPUには依存しません。SSL、Neve、Studer、Manley、API、Ampex、Lexicon、FenderといったブランドがUAD専用に開発を認証していたプラグイン群は、世界中で使われているアイコンともいえるアナログ機器ばかりで、それらがたった1Uのラックスペースに詰まっていると考えてもみてください。さらにこの素晴らしいDSPベースのプラグインはDAWの中でミキシングにも使えるのです。これは他社のオーディオインターフェイスにはできない大きなアドバンテージです。
Thunderboltによるネットワークスタジオシステムの構築
Apollo x6は16 x 22の入出力を搭載(アナログ6 x 6)し、2つのThunderbolt 3ポートを実装しています。これはAppleの変換アダプター(別売り)を使うことでThunderbolt 1と2にも互換性を持っています。これによりThunderbolt搭載のApollo TwinやApolloラックモデルを最大4台まで、またUAD-2デバイスなら最大6台までと容易に接続できます。この結果、高速で高い帯域幅を持つI/OとDSPパワーでスタジオが高性能化します。

付属するRealtime Analog Classics Plus バンドル:
UA 610-B Tube Preamp & EQ
Marshall Plexi Classic Guitar Amp
Ampeg SVT-VR Classic Bass Amp
UA 1176LN Limiting Amplifier (Legacy)
UA 1176SE Limiting Amplifier (Legacy)
Pultec EQP-1A EQ (Legacy)
Pultec Pro EQ (Legacy)
Teletronix LA-2A Leveling Amplifier (Legacy)
Fairchild 670 Compressor (Legacy)
Precision Enhancer Hz
Raw Distortion
Precision Channel Strip (Precision Mix Rack Collection)
Precision Reflection Engine (Precision Mix Rack Collection)
Precision Delay Mod (Precision Mix Rack Collection)
Precision Delay Mod L (Precision Mix Rack Collection)
RealVerb Pro Custom Room Modeler

 ⇒ 現在地


Universal Audio
≪ユニバーサルオーディオ≫
Apollo X6 / Custom 10 Upgrade
オーディオインターフェイス
ログアウト
メニュー

本店は ●Universal Audio Apollo X6 / Custom 10 Upgrade 【 TANNOY LIFE BUDSプレゼント!】

2019年10月3日
住信SBIネット銀行株式会社

本店は ●Universal Audio Apollo X6 / Custom 10 Upgrade 【 TANNOY LIFE BUDSプレゼント!】

HDI(ヘルプデスク協会)は1989年に設立された世界最大のサポートサービス業界のメンバーシップ団体で、HDI-Japanは日本で初めてサポートサービスの認定資格制度を築きあげた団体です。このたび当社はHDI-Japanが主催する銀行業界の「問合せ窓口格付け」及び「Webサポート格付け」において国内最高評価である三つ星を獲得いたしました。

HDI「問合せ窓口格付け」について

「問合せ窓口格付け」は、問合せ窓口のサポート性を、HDIの国際標準により設定された評価基準に沿って、審査員が顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI「Webサポート格付け」について

「Webサポート格付け」は、WEBサイトのサポート性を調査するもので、WEBサイトを5つの評価項目について評価します。テーマを指定したうえで、審査員はWEBサイトを顧客の視点で評価し、三つ星~星なしの4段階で格付けを行っております。

HDI格付ベンチマーク2019年【銀行業界】の調査結果

https://www.hdi-japan.com/hdi/research-publication/press_release_191003.asp

住信SBIネット銀行は、お客さま中心主義のもと最先端のテクノロジーを活用することで、金融サービスを変革し、社会をより快適で便利ものに変えていくことを目指してまいります。

以上


会社情報